生まれつき乳首が黒いわたし

わたしは元から乳首が色素沈着で黒くなっています。気が付くまではこの色が普通だと思っていました。

ですが、友人と旅行に行ったり温泉に行ったりするうちに、まわりと比べて色が濃いと気づきショックを受けました。

乳首が黒い=遊んでいるというイメージがあったので、他人に見られた時にどう思われているかいつも気にしていました。

同年代の友人とお風呂に行くときにこっそり比べてみると、自分よりも明るくピンク色で羨ましかったです。生まれつきの色なので、時が経っても変化はありませんでした。

何とかしてこの色を変えたいと思い、ネットでちくびピンクにする方法を調べていくつも実践してみました。自分でマッサージをしたり、専用のパックをしても変わりませんでした。

そこでわたしは、思い切って考え方を変えてみることにしました。乳首の色が変わらないのなら、その他の点で勝負をしようと思ったのです。

女性なら誰でもピンク色のきれいな乳首が良いはず。ですが、全体のボリュームや形でも十分バストの魅力を高めることができる。

そう思い、まずは下着を買い換えました。きちんとフィッティングをすると、今まで体に合っていなかったサイズをつけていたことが分かりました。

ブラの形も体に合ったものを選ぶようにしました。次に、良い姿勢を意識して常に背筋が伸びるよう気を付けました。

猫背を改善してバストのトップの位置が上がることを期待したのです。

それからしばらく経った後、あるとき友人と温泉に入っていました。

そのとき、友人から「前から思ってたんだけど、あなたの胸の形がきれいで羨ましいと思ってたんだ」と言われたのです。

羨ましいと思っていた人から言われたのでとても驚きました。友人曰く、おわん型の理想的な形をしているよね、とのことでした。

今まで意識していたことが実を結んだのかと思うと、とても嬉しく自信を持つことができました。

乳首の色は変わらないままですが、わたしはこうやって自分の考えたを変えることで、コンプレックスを解消することができました。